株式

市場・株式の相場を知ろう|投機じゃなく投資をしよう

市場・株式の相場

市場の相場を読む

各国の市場

株式市場の相場指数といて有名なものを紹介します

ニュースなどで聞き覚えのあるものが多いのではないでしょうか?

言葉がわかればニュースも楽しくなってきますね!

日本市場の相場指標

市場ごとの相場や包括的な相場など、様々な指数があります

自分がどんなデータを見たいのかはっきりさせることで、より素早く正確に相場をチェックしましょう!

日経平均株価(日経225)

東証一部の代表的な225銘柄の株価を平均したもの

東証株価指数(TOPIX)

東証一部の全銘柄を指数化

東証マザーズ指数

東証マザーズの全銘柄を指数化

JPX日経インデックス400(JPX日経400)

東証全体のうち、一定の要件を満たした銘柄から魅力的な400銘柄をピックアップして指数化

出来高(売買高)

取引所で売買契約が成立した様式の総数

アメリカ市場の相場指標

次に世界最大規模のアメリカ市場の相場指数を紹介します

NYダウ

アメリカで上場している銘柄のうち、投資家から見て魅力的な30銘柄を指数化

ナスダック(NASDAQ)総合指数

NASDAQの全銘柄を指数化

S&P500

NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NASDAQから代表的な500銘柄を抽出して指標化

株式銘柄の相場を読む

株式投資の相場を知ろう

PER:株価収益率

PER:Price Earnings Ratioは日本語で株価収益率のこと

株価が純利益の何倍になっているか、という指標です

PERが高い:利益が少ない or 株価が高い
割高(株価が高い割に利益が出ていない会社)

PERが低い:利益が多い or 株価が低い
割安(株価が安い割に利益が出ている会社)

PBR:株価純資産倍率

PBR:Price Book-value Ratioは日本語で株価純資産倍率のこと

株価が純資産の何倍になっているか、という指標です

PBRが高い:資産が少ない or 株価が高い
割高(株価が高い割に資産を持っていない会社)

PBRが低い:資産が多い or 株価が安い
割安(株価が安い割に資産を持っている会社)

ROE:自己資本利益率

ROE:Return On Equityは日本語で自己資本利益率のこと

自己資本(純資産=株主からの出資)に対してどれだけの利益をあげているか、という指標です

つまり、株式を発行したお金でどれだけの利益を生み出しているか、ということになります

ROEが高い:利益が多い ⇨ 優良企業

総資本回転率

総資産(=借入金+株主からの出資)に対して、どれだけ売上高があるか、の指標です

つまり、集めたお金をどれだけ効率的に使っているか、ということになります

総資本回転率が高い:効率的に資本を使って売上が出ている

配当利回り

株価に対する配当金の割合です

配当利回りが高い:配当金が多い(配当金=株価×配当利回り)

配当性向

純利益のうち配当金に使用している割合

配当性向が高い:事業の利益を株主に還元している会社

ただし、配当性向が高い=良い会社 と短絡的に考えてはいけません

配当性向が低い

⇨事業で得られた利益を株主に還元しない

⇨事業拡大等に使用することができる

事業が拡大すれば株価が上がる可能性もある

配当性向が低ければ必ずしも株価が上がるとはか限りませんし、

配当性向が高ければ必ずしも事業拡大がないとは限りません

あくまで1つの指標として捉えましょう!

ふかふか
ふかふか
なんかいろんな言葉が出てきて混乱してきたよ・・・
Mt.フジ
Mt.フジ
ゆっくり1つずつ抑えていきましょう!
Mt.フジ
Mt.フジ
敵を知れば百戦危うからず!
銀行口座・証券口座をアプリ1つで管理する

日本株も外国株もこの口座でOK





小額から株式投資を始めたいなら