株式・投資

一般NISAで投資を始めよう!|NISAで賢く非課税投資

一般NISA

資産運用をする上で付いて回る税金の話は別記事で紹介しましたが・・・

資産運用と税金

NISA制度(少額非課税投資制度)を使用することで、一定金額の投資は非課税で行うことが可能になります

NISA口座と一般口座の違い

一般NISAが向いている人は?

 

一般NISA口座が向いている人

年間120万円以上の投資を考えている人

短いスパン(5年以内)で、資産の売買を考えている人

株式投資を非課税で行いたい人

Mt.フジ
Mt.フジ
それでは一般NISAについて詳しく見ていきましょう!

\ SBI証券でNISA口座を開設 /


一般NISAとは?

一般NISAは、NISA制度の口座の1つです

通常、一般証券口座の投資で得た利益(売却益や配当など)には20.315%の税金がかかります

しかし、NISA口座で取引した利益は非課税(税金がかからない)です

同じ額を投資するのであれば、税金がかからないNISAを使うのが賢いやり方ですね!

NISA口座にはこれから説明するいくつかの種類がありますが、1人につき1口座のみ開設が可能です。

つまり、一般NISA口座を選択したら、つみたてNISA口座は使うことができません

一般NISAで購入できるのは?

一般NISA口座では

上場株式投資信託、FTE、REITなどの購入が可能

購入方法もスポット購入、一括購入が可能

⇨ 買いたいときに欲しい物を買うことができる

 

取り扱っている銘柄については証券会社毎に異なるため、購入したい銘柄の取り扱いがあるか予め調査した上で口座を開設する証券会社を選択しましょう!

一般NISA口座を開設できるのは?

日本に住んでいる20歳以上の方です

口座は1口座のみとなります

⇨1つの証券会社で口座を開設している場合は、別の証券会社で口座を開設することはできません

口座開設する金融機関は1年単位で変更が可能です

一般NISAの投資額と投資期間

一般NISA口座では

1年毎に上限120万円の投資枠

非課税期間は5年間

⇨ 最大600万円までの投資が非課税 ※

一般NISA口座の投資枠

※ 5年間しか口座を使用できないというわけではありません

毎年120万円分の非課税投資枠が設定されます

毎年120万円分の上限額を使用していた場合、5年目には1~4年目の480万円分と5年目の120万円分を併せて600万円分の非課税枠が発生します

6年目は、1年目の120万円分は非課税枠ではなくなるため、2~5年目の480万円と6年目の120万円で600万円の非課税枠となるわけです

注意点

一般NISA口座での投資期間は2023年までです

2023年移行は新NISAに変わります

今から一般NISAを始める場合、新NISAについても学んでおきましょう!

 

一般NISAの注意点①|非課税枠の繰越はできない

一般NISAの繰り越し

一般NISAでは毎年120万円分の非課税枠が発生します

しかし、1年目に100万円しか投資しなかったとしても、2年目で残った20万円分の枠を併せて140万円分の非課税枠GET!・・・とはなりません

一般NISAの非課税枠はあくまで1年あたり120万円です

一般NISAの注意点②|非課税枠の再利用はできない

一般NISAの繰り返し使用

一般NISAの口座で50万円分の株式を購入し、1年内で30万円分の株式を売却した場合であっても60万円分の非課税枠が発生するわけではありません

50万円分の株式を購入した時点で、その年の残り非課税枠は70万円となります

30万円分を売却しても、非課税枠が100万円分には戻りません

一般NISAの長期運用

先に記載したとおり、1年毎に使用可能な120万円分の非課税枠は5年間有効です

1年目の口座は6年目の時点で非課税枠ではなくなります

5年経過時点での選択肢

売却する(売却益は非課税)

課税枠に移行する

非課税枠に移行(ロールオーバー)する

一般NISAの長期運用

売却する

保有していた資産(株式や投資信託)をその時点の取引額で売却します

5年前の購入時点から値上がりしていた場合、売却益が発生しますが非課税となります

(通常は20.315%の課税)

5年前の購入時点から値下がりしていた場合、利益は発生していないので当然非課税です

課税枠に移行する

所有している資産は売却せず、課税される口座で続けて運用する方法です

課税枠での税金は、非課税枠から移行したときの金額から算出されます

 

120万円投資して、5年後に140万円になっていた資産を課税枠に移管

さらに、3年後に160万円になったタイミングで売却した場合

160万円-140万円=20万円に課税(20.315%=40,630円)される

NISA口座から一般口座への以降①

最初から課税枠で運用していたら

160万円-120万円=40万円に課税(20.315%=81,260円)される

120万円投資して、5年後に100万円になっていた資産を課税枠に移管

さらに、3年後に160万円になったタイミングで売却した場合

160万円-100万円=60万円に課税(20.315%=121,890円)される

NISA口座から一般口座への以降②

最初から課税枠で運用していたら

160万円-120万円=40万円に課税(20.315%=81,260円)される

非課税枠に移行(ロールオーバー)する

6年目のタイミングで使用可能になった枠に、1年目に購入した資産を移行(ロールオーバー)することができます

120万円分をロールオーバーした場合、ロールオーバー分で6年目の非課税枠が埋まってしまうため、追加の資産購入はできません

ロールオーバーと非課税枠1

1年目に購入した資産が5年間で140万円まで値上がりしていた場合、140万円全額が非課税枠にロールオーバーすることができます

ロールオーバーと非課税枠2

1年目に購入した資産が5年間で100万円まで値下がりしていた場合、100万円全額を非課税枠にロールオーバーしたら、6年目の20万円分の非課税枠は利用可能です

ロールオーバーと非課税枠3

\ SBI証券でNISA口座を開設 /