危険物の種類

第6類危険物 総論|酸化性液体

第6類危険物(総論)

第6類危険物の特徴

第6類危険物の性質

酸化性液体

不燃性の液体

無機化合物

腐食性がある→皮膚刺激性

蒸気は有毒

酸化性が強い

→ 有機物を酸化させる(場合によって着火)

水と激しく反応するものがある

第6類危険物の火災予防

火気(炎や火花)や高温体、直射日光を避ける

貯蔵容器には耐酸性の材質を使う

可燃物や有機物との接触を避ける

通気性の良い場所で扱う

水との接触を避ける(水と反応するもの)

第6類危険物の消火方法

多量の水や泡消火器を用いる
窒息消火は不適当
二酸化炭素やハロゲン化物、粉末消火剤は不適当

第6類危険物の分類

 

種別 品名 指定数量
過塩素酸 過塩素酸 300 kg
過酸化水素 過酸化水素
硝酸 硝酸
その他政令で定めるもの 一フッ化臭素
三フッ化臭素
五フッ化臭素

 

五フッ化ヨウ素

 

Mt.フジ
Mt.フジ

本日はこのへんで、ごきげんよう!!

勉強に疲れたら


近くのマッサージ・エステを探す

自分のスキルで稼ぐ